パーソナルトレーニングジム リガッツ

Let's Enjoy

ダイエットをするならチートデイは絶対に入れましょう!

こんにちは。

パーソナルトレーニングジム リガッツ(取手・守谷)代表の染谷です。

今回はダイエット中のチートデイについて話していきたいと思います!

「チートデイを入れたいけど太りそうで怖い」

「チートデイってどのくらい食べていいのかわからない」

本記事では上記の悩みを解決する内容となっています。

私は現在、年間100名を超える方の食事管理をサポートしています。

自分自身も毎年コンテストに出場して体脂肪を落としています1

リガッツに通われているお客様もチートデイを入れてダイエットに成功をしていますので、参考になるかと思います!

そもそもチートデイとは何か。

チートデイとはダイエット中に好きな物を食べる日のことです。

チートデイを入れることによって停滞を防ぎながらダイエットをすることができます!

何故、チートデイを入れることで停滞を防ぐことができるのか、それは代謝を高めることができるからです。

ダイエットをしていると毎日の食事量が少なくなるため、身体を常に軽い飢餓状態となります。

身体はこの状態が長く続くと生命の危険を感じ、代謝を下げることによってエネルギー消費量を下げて瘦せにくい状態を作り上げます。

チートデイを入れることによって、身体は飢餓状態を一時的に抜けるため再度エネルギー消費量を高める状態になり瘦せやすい身体になるということです!

チートデイなしのダイエットだとどんどん食べる量を減らさないと痩せなくなってしまい、結果的に筋肉が落ちてリバウンドしやすい状態になります。

ですので、ダイエット中は定期的にチートデイを入れることによって身体が痩せやすい環境を作ってあげましょう。

体脂肪を増やさないチートデイのやり方

①ハイカーボデイ

ハイカーボデイとは炭水化物を多く食べるチートデイの方法です。

カロリーの高い脂質はカットして炭水化物を多く摂ることで体脂肪を増えにくくします。

炭水化物を食べるとインスリンという血糖値を下げるホルモンが出るのですが、インスリンは体脂肪の合成を促進する効果があり、この時に脂質を多く摂っていると体脂肪が増えやすくなります。

そのため極力体脂肪を増やすことなく、チートデイをしたい人はハイカーボデイがおすすめです!

お寿司や親子丼、和菓子などがハイカーボデイに適しています。

②朝、昼のみチート

朝、昼のみのチートデイであれば、多少多くのカロリーを摂取しても活動エネルギーに変わるため体脂肪になりにくくなります。

反対に夜にチートデイをするとその後寝るだけになるためエネルギーに変換されにくく体脂肪になる可能性が高くなります。

なるべく体脂肪を増やさずにチートデイをしたい人は朝、昼にすることをおすすめします。

もし夜にチートデイをする場合は、翌日の朝に必ずトレーニングをして摂ったカロリーを消費するようにしましょう!

ただ我慢してダイエットをすれば体脂肪は落ちていくわけではないので、うまくチートデイを入れて効率よくダイエットをしましょう!

一人でダイエットが難しいという人は、是非リガッツにお越しください。

パーソナルジムリガッツ(取手・守谷)では毎日の食事管理サポートのサービスがあるため、あなたのダイエットを徹底してサポートすることができます!

無料カウンセリングを募集していますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ お問い合わせ

©2020-2021 REGUTS