パーソナルトレーニングジム リガッツ

Let's Enjoy

停滞期を乗り切る!チートデイの効果とやり方を解説

こんにちは!

取手市・守谷市のダイエットならお任せください。

パーソナルトレーニングジムREGUTSの神田平です。

ダイエットを始めてから、最初は順調に体重が落ちますが、途中でなかなか体重が落ちにくくなる、いわゆる「停滞期」。

我慢することが多くなり、ストレスも溜まり、途中で挫折してしまうこともあるかと思います。そこで取り入れたいのが「チートデイ」。

チートデイを取り入れることで、停滞期を打破できます!

今回は、そのチートデイについて詳しく解説していきます。

何故停滞するのか?

ダイエット中は、食べる量(摂取カロリー)が普段より少ない日が続きます。

摂取カロリーが減っている状態が続くと、体は「飢餓状態」と判断し、「ホメオスタシス(恒常性)」という少ないエネルギーで活動しようとします。

いわゆる「省エネモード」になるのです。省エネモードになると、体重が減りすぎないように維持をしたり、脂肪をため込んだりしようします。

そこで「チートデイ」を入れることで停滞を抜け出せます。

チートデイとは?

チートデイとは、「cheat(チート)=だます、ズルをする」と「day(デイ)=日」を重ねた言葉で、ズルをする日という意味です。

この日は、1日好きなものを自由に食べれる、我慢しなくてもいい日なんです!

摂取カロリーを増やすことで身体が「飢餓状態ではない」と錯覚し省エネモードの体から通常のモードの体に切り替わるのです。

チートデイの効果

【代謝が良くなる】

省エネモードの停滞期の体は、基礎代謝が下がった状態にあります。

基礎代謝が下がっていると痩せにくく体重が落ちなくなってしまいます。

摂取カロリーを増やすことで代謝が上がり、省エネモードがリセットされるので、体重が落ちやすくなります。

【栄養状態が整う】

ダイエット中は、栄養が不足しがちです。

チートデイを設けることで、不足していた栄養素を補うことができます。

野菜や果物の、ビタミン、ミネラルを摂り栄養バランスを整えることもできます。

【ストレス発散になる】

ダイエット中は、炭水化物の量を抑えたり、スイーツやお菓子を控えたり。。と我慢しなければいけないことも多く、ストレスも溜まります。

そこでチートデイで好きなものを食べることでストレス発散になり、「また明日から頑張ろう」と思えるモチベーションに繋がるのです。

チートデイのやり方

【期間】

期間は必ず1日にするようにしましょう。

ダイエットから解放され、ついつい「明日も」と何日も続けたくなりますが、気を引き締めて、次の日から切り替えて頑張りましょう。

【頻度】

頻度は週に1回程度にしましょう。週に2回も3回もいれてしまうと逆効果になってしまいます。

また、順調に体重が落ちている場合は入れる必要はないので、入れるタイミングは停滞している時にするようにしましょう。

【食べるもの】

基本的に食べるものは、好きなものを食べても大丈夫です。

しかし、チートデイでも高脂質や揚げ物などを食べるのが気になる方もいるかと思います。

そのような方には、「ハイカーボデイ」というチートデイをオススメします。

ハイカーボデイとは、脂質を抑え炭水化物を多く食べるやり方です。

脂質を抑えることで脂肪が蓄積されにくく罪悪感なく行えます。

体重×6〜8gを目安に、お米、果物、和菓子などを中心に食べていきましょう。

ここまでチートデイの効果とやり方についてご説明しましたが、チートデイをやる上で注意することが3つあるのでご説明していきます。

チートデイの注意点

1、体重が増えても焦らない

チートデイでたくさん食べた翌日は体重が増えます。

しかし、これは水分や食べ物がまだ残っているので当然のことです。

ですので、焦っていきなり断食をしたり、食事量を少なくしすぎないようにしましょう。

チートデイを入れる前の普通の食事制限を行っていれば、2、3日経てば体重も元に戻っていきますので焦らないようにしましょう。

2、細かく食事を分ける

1食に大量の食事をドカ食いするのはやめましょう。

「好きなものを好きなだけ食べられる!」と嬉しくなって食べたくなりますが、1度にたくさん食べてしまうと消化しきれなかったり、脂肪の蓄積に繋がってしまいます。

また、腹痛や下痢の原因にもなるので、1日4〜6食程度に分けて細かくカロリーを摂るようにしましょう。

3、中途半端に行わない

たくさん食べることに抵抗してしまい、いつもより少し多い食事量で終わりにしたり、お腹いっぱいで途中でやめてしまったりしないようにしましょう。

中途半端にしてしまうとチートデイの効果を得られなくなってしまいます。

ですので、「食べるときは食べる」というようにメリハリをつけることが大切です。

体重×40〜60ckalが目安なので、例えば60kgの人は2500〜3500ckalというように、ある程度計算して食べるようにしましょう。

まとめ

チートデイを上手に活用することで、停滞期を打破でき、ストレスも少なくダイエットを続けることができます。

正しい知識とやり方を理解して、体も心も安定させ、ダイエットを楽しんでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

パーソナルトレーニングジムREGUTS(取手・守谷)はあなたのダイエットのサポートをします!

無料カウンセリングを募集していますので、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ お問い合わせ

©2020-2021 REGUTS